Shrines & Temples

    Ninna-ji Temple

    AREA :

    SHARE THIS SPOT

    Ninna-ji Temple

    Dignity and elegance in a huge temple precinct

     京都の西、きぬかけの道沿いに建つ二王門が威容を誇る、真言宗御室派の総本山仁和寺。世界遺産にも登録されているこの寺は、仁和4(888)年、宇多天皇により創建され、皇族が門跡を務めたことから御室御所とも呼ばれました。 緑に包まれた9万平米の寺域に、本尊の阿弥陀三尊を祀る本堂の金堂や五重塔をはじめ、国宝や重文の堂宇が点在。御殿では、御所風の宸殿を飾る豪華な襖絵や螺鈿細工、趣の違う2つの庭や光格天皇遺愛の茶室など、門跡寺院ならではの雅な風情を感じさせます。 また、仁和寺といえば、与謝蕪村ら多くの歌人に詠まれた名勝「御室桜」が有名。中門内の西側に植えられた遅咲きの桜の林で、この地特有の背丈の低い姿が、江戸のころより庶民に親しまれてきました。五重塔を背にしてたくさんの御室桜が咲き誇る様子は、まさに壮観。4月の開花時期は、多くの花見客で賑わいます。

    Translation to English by AD BRAIN INC.
    Fujin-gaho,December issue,2013

    INFORMATION

    Name Ninna-ji Temple
    Address 33 Omuro Ouchi 33, Ukyo-ku, Kyoto
    Tel 075-461-1155
    Hours Goten Hall: 9:00-17:00 (Mar.-Nov.), until 16:30 (Oct.-Feb.); Reiho-kan Museum (spring and autumn): 9:00-17:00 *Enter by 30 min. before the closing time.
    Closed
    Resevation
    URL http://www.ninnaji.jp/
    Recommended Entry: Admission free in the precinct; Palace: 500 yen; Reiho-kan Museum: 500 yen (open spring and autumn only); Special opening (time for the Omuro cherry blossom): 500 yen

    MAP

    RECOMMEND